ユーザー様の声

画質の良さとズームのし易さ、機能も豊富

購入前の機種選定のために、VT300-SPとUM12の無償貸出サービスを利用しました。
どちらの機種も目的の対象物が観察でき、条件はクリアしました。

VT300-SPの良いところは、ポータブルで持ち運んだ先でも画像を確認することができること。さらに、レンズ(カバー)と被写体が近接する撮影スタイルなので撮影範囲と焦点合わせが容易にできることです。

UM12はVT300-SPと比較して、PC接続しなければ画像を見られない点が残念なところではあるが、被写体と離してもズーム観察ができること、画質も優れている、その他の機能も豊富であることから、実際の導入はUM12に決めました。

観察対象は様々ですが、飼料を入れるビニール袋(製品パッケージ)の損傷などのチェックに使う場合が多いです。

こりゃ便利、よく見える。

こりゃ便利、よく見える。

仕事で使用する為にUM02-01を購入しました。
以前は微細な物をルーペで確認していたのですが、一人ずつしか見れない事と画像を保存・記録したり、印刷して紙に出せないことが大変不便でした。
また一般の電子顕微鏡みたいなモノですと、高価で手が出ませんでした。
今までルーペで確認していた微細な物をパソコン画面で見れて、記録を残せ、印刷まで出来る。
それ程の製品が一万円以下で購入できたので大変満足で、便利に使わせていただいております。
思った以上に画像が綺麗に撮れ、重宝しています。

撮影スタイル比較

  • 1. 菓子の開発・製造・管理に幅広く活用

ページの先頭に